【ピートの取扱説明書・バーベキュー編取説INDEX→|燻製編七輪編

ピートをバーベキューチップとして使う方法です。日本では全く馴染みの無い方法ですがアイルランドやスコットランドでは手軽に肉や魚介をスモーク出来バーベキューにはよく使われています。使い方は簡単で単純に火のおきている木炭に入れるだけです。後は炭の量やピートの量の調整で色々な味に仕上がります!

10分で出来るピートスモークBBQ簡単レシピ-2011完全版

INDEX→|ピートBBQ手順ピートBBQのポイント

■ピートBBQ手順

ピートの前に先ずは簡単に木炭の火のおこし方を説明します。ピートバーベキューに於いて最も重要なのが木炭の火力調整。火が出て直火になってしまうと肉も早く焼けてしまいピートも早く燃えてしまい本来の美味しさが半減してしまいます。ココはじっくり炭火で遠赤ピートスモークバーベキューを心がけて下さい。また今回は着火材を使用しましたが無い場合は新聞紙や段ボールや小枝等でも構いません。

1.着火材を下に置き木炭を組みます。ちなみに木炭はマングローブ木炭を使用。



2.チャッカー等で着火材に火を付けます。10〜20分程で炭に火がおきます。
目安は炭が白くなり始めたらOKです。



3.木炭をバーベキューコンロへ移します。
バーベキューコンロは写真右上のようなタイプだとピートの煙が逃げてしまうためピートバーベキューには向いていません。



4.ここでピートを入れます。写真程の大きさを2〜3枚。
5分程でピートから煙が出てきます。


ピートから煙が出て来る動画


5.煙が出て来たら早速開始。
※ スモークBBQの基本は食材の水分を極力取ることです。網にのせる前にキッチンペーパー等で抑えて水分を拭き取って下さい。(水分が多いと煙がのりません)
火力が強い場合は木炭を減らして調整して下さい。また火が出ている場合消して下さい。直火より炭火でじっくりの方が美味しく出来ます。この辺りは普通のバーベキューと同じです。
ちなみに2分程で焼けましたが香りは充分!味付けはタレではなく塩こしょうなどの香辛料系で!
簡単スパイシースモークBBQ!ビーフジャーキーの様な味わい!



もも肉が焼ける迄の動画


6.炭の量をちょっと減らして温度を調整。
網いっぱいに好きなお肉を乗せてみます。
油が多い物は油が落ちると火がついてしまうのでなるべく端の方が好ましいです。
ちなみに脂身が多い豚バラやカルビは煙が乗りにくいです。



7.アルミホイルを被せて待つ事5分。
途中油が落ちて火力が強くなったら火のついた炭を取出して調整して下さい。



8.アルミホイルを外すと。
簡単スモークの出来上がり。いや〜これは本当に美味しいです!アルコールにぴったりです!
これもタレではなく塩こしょうなどのスパイス系で是非!


アルミを外した時の動画


9.鮭もピート香にピッタリ!ですがそのままスモークしても水分が邪魔して上手く煙がのりません。ポイントは脱水シート若しくは風乾燥などさせ水分を抜く事です!



10.良い色です!簡単ピートスモークサーモン!


1時間後のピートの煙動画


ピートを使ったバーベキューのポイント!

ポイントは基本木炭を使ったバーベキューと同じですが。
1.直火でなく炭火でじっくりピート香をつける(2〜3分で香りがつき始めます)
2.薄切りの牛もも肉はビーフジャーキーのような味わい!
3.牛カルビは油っこさが半減するのにジューシーさがアップ!
4.魚介類との相性もバッチリ!
5.味付けはタレより塩こしょう等の香辛料系!(但しタレでも合います)
6.炭の量を減らし温度を下げアルミホイルを被せれば本格的燻製が簡単に出来ます!